brand new note

技術録

PC更改 2019夏の陣

まえがき

色々あって手持ちのノートPCとデスクトップPCをアップグレードしました。

色々というのは以下です。

  • PCのスペックの見方、ノートPCの組み方は知っていた
  • デスクトップはパーツ選定、組み立ての経験がなかった
  • 中古のPCしか買ったことがなく新品が欲しかったため
  • 引っ越す前にものの入れ替えがしたいため
  • 単純に前からX1carbonが欲しかったため


こう書くと語弊がありますがX1carbonは中古で、新品なのはデスクトップの方です。そこまでの経済力はありません…。

デスクトップPC

f:id:frazz:20190804182046p:plainf:id:frazz:20190804182422j:plain

新品は只今誠意製作中です。これがこうなります(予定)。

そういえば以前デスクトップPCを買った日記が残っていました。旧マシンのスペックはこちらに記載しています。

自宅の作業環境を整備する-2 - brand new note

ともかく、ヤフオクで大量に売られている型のPCからようやくアップグレードできます。今のところはNAS(音楽プレーヤー)兼なにか…にするつもりです。家にデスクトップを置いていてもゲームはしないため、勉強用のサーバにするつもりです。別にWindowsでなくてもいいかな…?

パーツは以下にまとめておきます。上から順に、CPU,マザーボード,電源,SSD,箱,メモリです。M.2 SSDと最新のCPUとメモリ16GBが入って4K60Pが出て6万で済むなら安いです。CPUパワーは3倍くらいになったんじゃないかな。なんにも考えずに箱を買ったのでかなり大きいですが、コンパクトになる見込みがあればそのうち箱だけ買い替えてもいいかもしれません。いずれにせよかなりアップグレードできました。選定していただいた友人に感謝です。

ノートPC

f:id:frazz:20190804181343j:plainf:id:frazz:20190804181428j:plain

X230を売ってX1carbonにしました。gen3(2015年製)のx1carbonは人気モデルで、ちょくちょく情報収集していると中古で格安で売られているため狙い目です。下のリンクのセールで買ってきました。このサイトは秋葉原で買い物するときにかなり使えるようなので、ちょくちょく見ます。

「PCコンフル」今週末のセール情報【Thinkpad X1 Carbon 39,800円再度降臨!ほか】

 

  X230 X1carbon
購入価格 31000 39800
モデル 2013年 2015年
cpu i5-3320M i5-5300U
memory 8GB 8GB
storage 180GB-SSD 250GB-SSD
display 12.5inch, HD 14inch, FHD
keyboard 日本語 日本語
OS Windows10 Ubuntu19.04
備考 ごつい しなやか、洗練されてる、軽い、薄い、最高

表が書けるならはてな記法使うか…

WindowsのノートPCは1台ごりごりに作り込んだものがあるので、普段遣いのlinuxのPCが別に欲しかったんですね。それがもともとX230だったのですが、手放すにあたってWindowsを入れ直しました。ごりごりに作り込んだほうの日記はこちら。

ジャンクのThinkPad X250を魔改造する - brand new note

ちょっとX250のキーボードに慣れてしまったぶん手が広がっちゃうのが難点ですが、相応の値段で相応のアップグレードはできたんじゃないかと思っています。いつか最新のX1carbonも手に入れたいですが、今やりたいこととの兼ね合いをとってみると…買うこと自体には経済力で殴るのが楽しいくらいの意味合いしかなさそうなので、とりあえず夢のひとつということにしておきます。

ラズパイ

f:id:frazz:20190804180413j:plainf:id:frazz:20190804180420j:plain

volumio.org

家に転がっていたraspberry pi 2の使い道が3年ぶりに見つかりました。専用のOSを入れてインターネットに接続すると、世界中のウェブラジオが聴けるという代物があります。Volumioといいます。先述の音楽プレーヤーというのは実はこれで、ラジオだけでなく、自分でファイルサーバを立ててraspberry piとサーバ間で連携ができれば、知らない音楽も好きな音楽も毎日自宅で聴き放題になるわけです。やらない手はない。たくさんやってみた系の日記が転がっているようですので敷居も低いです。

おまけ

秋葉原にも数回足を運ぶようになったため、偶然秋葉原に行きたいと言っていた地元の友人を案内することになり、先日彼をイヤホン沼に落としました。また前科が増えた。